img_02

便秘茶の種類

最近人気の便秘茶は、何種類もの茶葉をブレンドしたものがどちらかと言えば人気を集めています。

昔は一つの茶葉のみを使ったものが主流だったのですが、より効果を高くするためにメインの茶葉の他にいくつかの茶葉を合わせたオリジナルの組み合わせを開発するメーカーが増えました。 それだけに種類はとても多彩で、選ぶのも一苦労ですね。

自分の体質に合うか、続けられる味なのかどうか、なるべくたくさんトライアル出来る製品を試してみるしかなさそうです。

昔からよく知られているプーアール茶や、ごぼう茶、烏龍茶、黒豆茶、杜仲茶なども健在ですが、最近ではハーブを多くブレンドしたお茶が人気のようです。 ノンカフェインということもあり、夜寝る前に飲めるというのも大きいですし、たくさんの種類をブレンドしやすいというのも人気の秘密のようです。 ハチミツなどを入れて甘くしても飲みやすいので、年齢を問わず受け入れられやすいというのも理由でしょう。

茶葉以外にも水溶性食物繊維や、身体を温めるショウガエキス、鉄分、カリウムなどのミネラル成分を加えたものもあります。 こうなると、お茶というよりもサプリメントと言ったほうが良さそうですね。

また、最近のトレンドとしては、効き目よりもコストよりも飲みやすさや味をメインに選ぶ人が増えているようです。 やはり、薬のように辛い時に一時的に飲むようなものではなく、毎日飲み続けることを考えると、何よりも飲んでいる時の快適さが大事になって来るというのは納得出来ますよね。 苦いとかまずいとか我慢して飲み続けるのには無理がありますから、やはりお茶は美味しく飲めるのが一番です。