img_02

便秘について

便秘は排便が正常に行われない状態を指しますが、同じ症状でもその内容はタイプによってまったく別のものに分けられます。 自分がどのタイプかわからないとうまく便秘茶を選べないので、まずは知っておきましょう。

まず、弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)は、簡単に言ってしまうと大腸がゆるんでちゃんと動いてくれていない状態です。 女性や高齢者に多いタイプと言われますが、筋力が足りなりと起きやすいもので、便が大腸の中にずっと長くとどまってしまうために、水分が無くなって便がとても固くなり、余計に便秘になってしまうという悪循環になります。 おなかもハリますし、イライラしたり肌荒れが起きたりして食欲も低下します。

けいれん性便秘は、さきほどの弛緩性便秘の真逆で、大腸がキリキリといつでも緊張している人がなりやすいものです。 便がうさぎのフンのようにコロコロとして、食事の後にお腹が痛くなったりします。 便秘になったり下痢になったりを繰り返したり、精神的にストレスを感じていたりする人がなりやすい症状です。

直腸性便秘は、便がもう出る寸前のところまで来ているのに、排便したいという反射反応が起こらない症状です。 高齢者や病気で寝ている人に起きやすかったり、排便を我慢する人がなりやすい症状です。

器質性便秘(きしつせいべんぴ)は、腸の癒着など重大な病気が起きていることが原因です。 この場合は血便が出たり、激痛が起きて嘔吐したりするような病気ですので、すぐに病院へ行く必要があります。